スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花扇


 じないまち交流館の

 スタッフの方が作られた

 「七夕・花扇」。

 お店にどうぞ、と

 貸してくださいました。

 写真ではわかりにくいのですが

 かなりボリュームがあり

 「福」の床の間に飾っても

 充分な迫力です。


添えてくださった資料によると・・・


七夕の花扇は毎年7月7日に近衛家から宮中へ

「花使い」と呼ばれる使者によって献上されたもので

縞芒(緑)・桔梗(紫)・仙翁(紅)・菊(白菊)・蓮(桃)・小車(黄)

女郎花(黄)の7種の花の束ね檀紙で包んで水引で飾るもので

扇の形であることから「花扇」と呼ばれているそうです。

内裏では七夕の宵に小御所の前の池に浮かべ

牽牛・織女二星への手向けの花にされたとか。


そんな、近衛家の特権である花扇。

庶民が作るのを許されるようになったのは

最近のことのようです。


明日からお店は当分夏休みになるので

また交流館へお返ししようと思います。

じないまちへお越しの折りは

ぜひご覧になってください。




コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ『福』へ
5月の営業日 木・金・土10~13時 臨時休業有
プロフィール

和工房&ぎゃらりー 福

Author:和工房&ぎゃらりー 福
  
ようこそお越しくださいました

工房 福

大阪府富田林市富田林町10-18
℡090-5020-9617

近鉄長野線富田林駅下車徒歩7分

*********************
*********************

↓地図はこちらをクリック

寺内町 地図(隷書)② 
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。